スポンサーリンク

ウッドデッキ解体から大谷石を敷くまでの道のり

 

 

 

日曜日

 

いいお天気になりました♪

 

 

 

 

ここのところ休みといえば

庭作りに励んでいます。

 

 

引っ越して間もない頃、

カチカチの土壌を、血豆を作りながら土をならし

芝生を植えるところから始まって、

ずーっと庭をいじっている気がします(;'∀')

 

 

 

近所の庭好きのおじいさんに、

庭作りは永遠に続くんだよ。終わりはないよ、

と言われたことが、頭に深くきざみこまれていて

庭で大変な作業があるたびに、そのことを思い出します。

 

 

 

 

頼んでいた、大谷石が届きました!

 

 

 

ここからは、自力で石を運び敷いていきます。

 

 

 

 

 

 

敷く前のボコボコ土壌。

ならしながら敷いていきます。

試行錯誤の末、砂は敷かず。職人さんにも、地面を見てもらいました。

 

 

 

 

大谷石はかなりの重さなので、

パレットから地面に落とす時に、

どすんとすごい音がします。

石も飛んでしまうので

それを防止するために、地面に廃タイヤを用意して

そこに落とす作戦。

 

 

落としてからは、

こちらの石を運ぶリアカーのせて運んで行きます。

ここに石を乗せて運ぶのも、すごい重さ!

 

 

 

 

 

一本づつ、少しづつ少しづつの作業

怪我のないように、慎重に

 

 

 

持ち上げられないので、右左と足踏みするように運んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど、夫がメインの作業になるので

私は、補佐的な役割ですが

今回は随分活躍できた気がします!

身体もホカホカになりました(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

お休みごとに三日かけて、ようやくここまで。ちょっとづつ形になって来ました。

年末までに、石を敷いてセメントを流すところまでが目標です(>_<)

急ピッチで頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連(一部広告含む)

-
-

PAGE TOP

Copyright© kurasimu 暮らし×服 , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。