スポンサーリンク

大谷石とクリスマス

 

 

連休の大谷石の記録

 

 

先日、大谷石が敷き終わり

目地を埋めていく作業に移りました。

 

 

 

 

 

セメントと砂を混ぜたものを

石と石の隙間にいれていきます。

 

 

端から流れないように

隙間にクッション材を入れてせき止め

 

 

 

 

 

 

混ぜて入れていくだけなら簡単簡単ー♪

 

 

 

 

 

 

と意気込んでいましたが

石に厚みがあるため、量がすごい!

 

 

雪がちらつくなか長時間にわたってこの作業を繰り返した

私達夫婦

 

 

腰に限界が来たようです(;'∀')

 

 

 

 

 

うー!

とたちあがったら、夫も同じポーズをして苦しんでいました(>_<)

寒さがこたえます。

 

 

 

なんとか二日間で目地をうめて

水を流す。

 

 

 

 

 

 

水をかけたことで目地が変化しているので

また次のお休みに、しっかり目地がうまっていなかったところを

埋めていきます。

 

 

 

2人がかりで

よくここまで頑張りました!と褒めてあげたいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のクリスマスの定番は

丸鶏。

 

 

実家では、丸鶏をクリスマスに作る習慣はなかったのですが

夫の実家では、毎年お肉やさんに出来上がった丸鶏を買いに行く習慣があったそうで

それが子供の頃の幸せな記憶なのだそうです。

 

 

 

その時のお肉屋さんの丸鶏が

シンプルな味付けで美味しかったとのことで

うちではいつも簡単な丸鶏をつくっています(*^-^*)

 

 

 

 

クレイジーソルトメインに

ニンニクと胡椒をすりこんで

ローズマリーで香りづけ

朝のうちに仕込んで、夜の約時間まで冷蔵庫で寝かせておきます(*^-^*)

中身は何にも詰めていませんが、十分美味しいです♪

 

 

 

 

 

今回はネットを参考に

タコ糸は使わず、皮を少し切って、そこに手羽を差し込みました。

 

 

 

 

 

結婚したことで生まれた、丸鶏の習慣。

今は一年に一回のクリスマスの楽しみとなっています(*^-^*)

 

 

関連(一部広告含む)

-
-

PAGE TOP

Copyright© kurasimu 暮らし×服 , 2022 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。