スポンサーリンク

観る・歩く

足尾洞山観光。

2020年10月4日

 

 

 

足尾銅山に観光に行ってきました(*^-^*)

教科書では習いましたが、実際に行くのは初めてでした。

 

 

 

足尾銅山は昭和55年から観光がスタートしたそう

 

 

 

あまり、観光に力を入れているような

華やかな雰囲気はなかったのですが

世界遺産を目指していると掲げられていました!

 

私達夫婦的には

昔の仕事風景がそのまま想像できるような

とてもお薦めの観光スポットでした!

 

 

トロッコに乗って、坑道の中へGOー!

 

 

 

ほんの数分ですが、この時間がウキウキワクワクの気持ちをUPさせます。

坑道の中についてからは、

歩いて見学できるようになっています☆

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

人形と

音声案内が流れるようになっていて、

当時の仕事の様子が目に浮かぶよう。

 

最初は手堀から銅山の採掘がスタート

 

掘ったものを外へ運び出すのも手作業

 

 

 

リアルです

 

 

 

 

少しづつ時代が変わって

機械を導入した作業に変わっていきます

 

 

 

 

ただサラーと流してみるより

一つ一つの音声案内を聞いて回っていくと

とっても面白いです!

私達夫婦以外は、

皆サラーっと流して見ていかれる方が多かったので

私達は一番最後でした☆

 

 

食事をしながら

最近肺の調子があまりよくないとしゃべる人たち

 

 

 

昔頑張っていた人たちの産業のおかげで成り立っているもの

貴重な産業遺産を見ることが出来ました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

貨幣の作っていた様子も見られます

 

 

貨幣を作る人たちは、検査をする人の前で

丸裸になって、何も隠してないかチッェクされてから

作業着を着ていたそうです。

今だったらありえないですね(;^ω^)

 

 

教科書でうっすら教わった記憶では

なんとなく足尾銅山鉱毒事件など怖いイメージがありました。

 

 

足尾銅山の他にも

たくさんの産業遺産が残され

 

 

最近では、銅山の発達に伴う煙害で破壊された自然環境に光が当てられ

 

 

 

緑の再生に向けて積極的な取り組みが行われているそうです。

 

足尾駅では、ちょうどお猿さんたちが移動中

足尾駅では、芸能人が来てよく映画の撮影などなあるようで

海街daiaryーのポスターも貼ってありました☆

足尾近辺で撮影が行われたそうです。

 

 

 

日光よりさらに奥に向かうので

なかなか足尾まで行く人がもしかしたら少ないかもしれませんが(私の親戚も行ったことがありませんでした。)

 

 

昔の面影や

経歴が残る

色々な意味で行く価値がある場所だなぁと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

関連(一部広告含む)

-観る・歩く
-

PAGE TOP

Copyright© kurasimu 暮らし×服 , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。